プリザーブドフラワーショップの通販

プリザーブドフラワーを作っちゃおう!

プリザーブドフラワーは、お花屋さんで購入することも出来ますがなかなかいいものを見つけられない時ありますよね?
そんな時は、自分で作ってしまうという手もあるのですが、皆さんの中にも手作りしている人はいませんか?
最初から自分で作ることも出来ますし、それが難しいという人は花材を購入して途中から始めることも出来ますよ。
確かに最初から作るというのは難しいので、最初は花材から始めてみることをおすすめします。


プリザーブドフラワーを通販で

近年では、通販サイトでもプリザーブドフラワーを購入することが可能になっています。
もちろん、花材や入れ物を取り扱っているところもありますから、そういったお店で花材をそろえてみるのもいいでしょう。
中には変わった色をしたお花もありますので、アクセントに少し入れてみるのもいいですし、変わった色のお花だけを使ってブーケとかを作ってみるのもいいと思いますよ。


手作りしたお花を贈ろう

自分で手作りしたプリザーブドフラワーを、誰かに贈ってみるのはどうでしょうか?
自分のお家に飾るのも全然良いとは思うのですが、せっかくですから友達とかに贈るのもいいと思うんですよね。
花粉や香りもないから、花粉症の人にも安心して渡すことが出来ますし、見て楽しむことが出来ますよ。


プリザーブドフラワーは普通のお花とどう違う?

近年ギフトランキングなどで常に上位に位置しているのがプリザーブドフラワーですが、このプリザーブドフラワーは普通のお花と比べてどのような特徴があるというのでしょうか。
そこで、今回はプリザーブドフラワーと普通の花との違いについてご紹介。
見た目は同じでも様々な違った特徴を持っているので、興味のある方はぜひこの魔法の花について知ってみてください。


プリザーブドフラワーは手入れ要らずに長持ちします

プリザーブドフラワーは通常の花とは違って手入れの必要がありません。
特殊な加工によって枯れにくいように処置されているので、水やりなどの手入れの必要なく長く咲き続けることができます。
また、通販などでは美しくアレジメントもしてもらえるので、長い間お部屋に華やかさを与える飾り物として活躍してくれることでしょう。
また、なかなか枯れないということで病院などのお見舞いにもぴったり。
さまざまな花が用意されているのでメッセージも伝えやすいのではないでしょうか。


生の花ではないのでアレルギーなども安全です

プリザーブドフラワーは最初の加工によって花粉なども取り除かれています。
そのため、花粉にアレルギーを持っているような方でも安心して喜んでいただけます。
また、虫なども寄ってこないので、花は好きだけど虫は嫌いといった方にもぴったりな贈り物といえるでしょう。
生きた花では散っていく花びらや花粉など片付けも面倒ですが、このプリザーブドフラワーではそういった手間も要らず楽に飾り続けることができます。


重さも生花と比べてかなり軽くなっています

花束を貰ったことのある方であればよく分かるとは思いますが、花というのは一本ずつでは軽くても集まると結構な重さになってしまうものです。
しかし、このプリザーブドフラワーでは加工によって水分を飛ばしているので、束になってもかなり軽くなっているので大変扱いやすくなっています。
そのため、結婚式のブーケにもこのプリザーブドフラワーが用いられることも多く、結婚式で使った後でも思い出を取っておけるということで非常に人気があるようです。

このようにプリザーブドフラワーは生の花と比べて異なる点がいくつもあります。
そのため、普通の花では出来ないことでも、このプリザーブドフラワーであれば様々な演出が可能なのです。


結婚祝いの花にプリザーブドフラワーを

結婚祝いのお花は、プリザーブドフラワーで決まりです。
プリザーブドフラワーは、その名のとおり保存することに長けているお花です。
生花を贈るというのは、花の手入れをしなければいけなかったり、枯れたりしおれたりしたら捨てなければならないといった面倒をかけてしまうものでした。
しかし、この生花そっくりの花であれば、その面倒もなくなります!


通販を利用して事前に用意

通販を利用すれば、プリザーブドフラワーを事前に手元に用意しておくことが出来ます。
お祝いの品物は、出来れば直接手渡したいものです。
そうでなくても、贈りやすいものが向いています。
この花は、どちらの場合でも事前に用意しておくことが出来るので、計画通りにプレゼントを贈ることが出来ます。
万が一、製品にキズなどの不良があった場合でも、保証サービスが備わっているので安心してご利用いただけます。


プリザーブドフラワーも思い出も色褪せない

生花とは違って、プリザーブドフラワーは簡単には色褪せません。
花も思い出も簡単には色褪せない、なんて言葉遊びはお好きではないでしょうか。
それはさておき、プリザーブドフラワーを見るたびに結婚祝いを思い出すことができるというのは、素敵な贈り物になること間違いなしです。


プリザーブドフラワーならいろんなシチュエーションに対応できる

プリザーブドフラワーを購入するタイミングはいったいどんなときなのでしょう。
一般的にはギフト用で広まっていますから、ギフトとしてプレゼントする機会に買うのが一般的ですよね。母の日のギフト、誕生日に贈ることもあるでしょう。最近では結婚式のブーケや、イベントでの会場の飾りつけ用としても多く用いられます。
それぞれの機会に使い分けて、上手に選んでいけば、贈り物として贈った場合はお相手には喜ばれること間違いありませんし、ご自分のために買われた場合もお部屋をきれいに彩ってくれます。


プリザーブドフラワーのアレンジの幅は広い

一つの通販のページの中でも、アレンジの種類は多くあり、そのシチュエーションの要望に広く答えることができます。
ギフトとして贈る場合ならプレゼントするお相手、ご自宅の飾りとして買われる場合にもどこに置く予定なのかでアレンジや色は変えたいですよね。


色やアレンジの自由度は高い

色を染めるのは人の手によるものなので、人工的な色合いが出せます。これによって自然にはあり得ない花の色を楽しむことができますから、お相手の好みや、渡す状況に広く応えることができます。プリザーブドフラワーは何かの節目のイベントで贈ることが多いので、これはうれしいですよね。


自分へのご褒美!人気のある店でプリザーブドフラワー!

最近、よく耳にするプリザーブドフラワー。他人に贈るだけのものではありません。自分へのご褒美として人気のある店でプリザーブドフラワーを購入し、部屋のインテリアやオブジェとして飾っておくのもわるくないと思います。


<何のご褒美?>

自分へのご褒美。日本ではあまり認知されていませんが、カンタンにいうと気に入った家具や小物を買うのと似たような感じです。どんなときでもかまいません。一人暮らしを始めた記念、お仕事で重要なプロジェクトが終わった記念、など、そんな大きな転機みたいなものでもいいです。もっと軽く、部屋の模様替えをした際や、引っ越しをしたとき、そんなタイミングでもいいと思います。ご褒美というと何か特別な響きがありますすが、自分のスイッチを切り替えるためなら、何でもいいでしょう。


<せっかく購入するなら>

どうせ、プリザーブドフラワーを買うならば、人気のある店で、自分好みのものを選んでください。好きな花、好きな色。とにかく、自分の部屋に置いておいて、気分転換になるものなら最適だと思います。それを見るたびに購入したときの思いや決意などをフラッシュバックさせるものでもいいでしょう。自分のためのご褒美。それは未来の自分へのプレゼントでもある、そんな意図でもいいと思います。さて、人気のある店に行ってプリザーブドフラワーを買いにいきましょうか。


通販で購入するプリザーブドフラワーはどのくらい?

インターネット通販などでプリザーブドフラワーを選ぶ人も多くなっているそうです。生花と違い、大幅な状態の違いなどもないことから、ネットで購入してがっかり、というようなクレームも少ないと言われるようで、母の日や記念日のギフトなどでも人気は高いようです。


プリザーブドフラワーアレンジメントは数千円程度から

プリザーブドフラワーは、2000円前後から、花器に入ったかわいいものを購入することができます。お花の形を職人さんが調整して再度組みたてているため、お花の数が多い、大きなお花があるという場合、料金が高くなってしまうケースが多いそうです。しかし、お店によっては可能な範囲で、メインのお花の色を変更するなどのサービスも多くなっていると言われています。


高いものは数万円

プリザーブドフラワーの値段はアレンジメントにかかる時間で決まりますから、高いものやフルオーダーメイド商品の場合には、数万円以上するものもあります。これはウエディングなどに使われるブーケなどに多いそうです。特にブーケは、花束の持つ丸みやシルエットなども非常に大きなポイントになるので、時間と手間がかかることから、オーダーメイド商品の中でも高価になっているようです。


プリザーブドフラワーが欠けたらアレンジで対応

プリザーブドフラワーをプレゼントとして送ったり、自分の部屋に飾るために購入したりする人が増加していると言われています。プリザーブドフラワーは、通販などでも気軽に購入できるのですが、傷んでしまったときはどうしていますか?


プリザーブドフラワーは傷んだら自分でアレンジ

プリザーブドフラワーは枯れないという代名詞がありますが、ずっと枯れないというわけではありません。生花を加工したお花なので、花弁が傷むことはあります。乾燥で花弁が割れてしまう、湿気で色移りを起こしてしまうなどの痛みがあるそうです。他にも、花弁が透けてきてしまうということもあるそうですが、は弁が割ける程度であれば、花弁を切って、目立たないようにするだけでもだいぶ違うそうです。


色移りしたお花は早めに抜いてしまおう

色移りしたものをそのままにすると、他のお花にも影響が出てしまうことがあります。そのため、早めにそのお花だけを抜いてしまいましょう。他のお花が傷つかないようにそっと抜き、空いた部分には自分の好きなオーナメントなどの飾りをさすことでアレンジメントがさみしくなることもありません。時間が経ったら、自分の好きな色や形に手を加えて楽しむことができるのが、プリザーブドフラワーのアレンジメントの大きなメリットです。


和装にもプリザーブドフラワーは似合うの?

プリザーブドフラワーというと、洋花が多く、ウエディングでもドレスに合わせるイメージが強いかと思います。しかし、和装にもプリザーブドフラワーのアレンジメントは非常に活用できるということをご存知ですか?着物や浴衣などにもあわせられるアクセサリーも多く出ています。


プリザーブドフラワーと和服でモダンに

お花と和服をあわせると、少しモダンな印象になるそうです。これは大正時代に洋服が入ってきたときに、大きなお花などを着物とあわせていた印象が強いということも理由としてあるかもしれません。和装用のプリザーブドフラワーも通販を行う会社が多く、菊の花や薔薇の花を着物の色と一緒に選ぶ形となります。ヘッドピースとして利用するものもありますから、浴衣でお出かけをするときなど、ちょっといつもと違う雰囲気を出したいときに最適です。


雨には十分注意を

浴衣などでプリザーブドフラワーのアクセサリーを使うときには、湿気に気を付けましょう。プリザーブドフラワーは非常に湿気に対する耐性がありません。そのため、雨などにあたると色移りを起こしてしまう、花弁が透けてしまう原因となるそうです。ウエディングでは、扇子にお花をアレンジしたものなど、今まではあまり見ることのなかったアレンジメントを利用することもあるそうです。


フラワーケーキを知ってますか?

プリザーブドフラワーを利用したアレンジメントに、フラワーケーキというのがあることをご存知でしょうか?今、通販ギフトではおむつケーキなども話題になっているそうですが、お花でも、ケーキのようにデコレーションを施したものが人気なのだそうです。


プリザーブドフラワーをデコレーション

フラワーケーキでは、オーナメントなどを利用して、デコレーションケーキのようにお花をアレンジします。フラワーケーキは、バースデイギフトやブライダルギフトで多く利用されていると言われています。ケーキと名前がついていますが、クラウンの中にアレンジメントを飾ったものなど、花器にも非常に拘られていることも特徴といえるかもしれません。


アロマキャンドルのついたものも

本物のケーキは食べ物なので、長い間ろうそくをともすことができません。プリザーブドフラワーのケーキは食べることはできない代わりに、アロマキャンドルなどをともすことで、飾ってかわいいだけでなく、雑貨として利用できるというのも大きな特徴といえるかと思います。お花とアロマの香りも関連性もあるものが多く、赤いバラにはローズの香りを、オレンジ色には柑橘系のさわやかな香りをセットにしたものが多いそうです。


プリザーブドフラワーのリングピロー

ウエディングで欠かせないものがお花です。花嫁さんのもつブーケや、フラワーティアラなどの他、会場もお花がたくさんありますよね。このお花で今注目を集めているものが、プリザーブドフラワーという、長持ちする新しい種類のフラワーアレンジメントです。


プリザーブドフラワーで好きな色のお花を

プリザーブドフラワーは樹液や色を一度抜いてから染色を行い、加工を施しているお花なので、実際にはなかなか咲かせることが難しい色のお花も再現することができます。そのため、通販などでもプリザーブドフラワーのブライダル商品は非常にラインナップが豊富になっているそうです。また同じお花を複数再現できることから、リングピローとブーケを同じお花で作ることもできるそうです。


水がいらないのでアレンジも自由

生花を利用する場合、水を与えないとお花が死んでしまうことから、アレンジメントには限界がありました。しかし、プリザーブドフラワーを利用するアレンジメントでは、水がいらないという特徴を生かし、透明のケースに活けることもできるため、シンデレラやプリンセスモチーフのリングピローも多いそうです。一生の思い出に、プレゼントとしても人気が高いと言われています。


プリザーブドフラワーとバルーンで華やかにお祝いを

プリザーブドフラワーは自宅用や個人のプレゼントの他に、スタンド花として利用されることも非常に多くなってきたそうです。スタンド花とは、お店の開店祝いなどで飾る、高さのあるお花のことです。このスタンド花では、バルーンなども使って非常に華やかにできるそうです。


プリザーブドフラワーだから分けることができる

スタンド花や楽屋花の場合、一日でスタンドの回収に来てしまうなど、お花屋さんに返却するものがある場合がありました。楽屋花はかごなどに入っていれば、アレンジメントのまま持ち帰れるのですが、お祝いごとなどでたくさんもらった場合、すべてを飾ることができない場合もあります。お店であれば、店内に飾ることもできますが、イベントなどその後、飾る場所がない場合は破棄されてしまうケースも、悲しいことですがないわけではなく、名古屋では飾ってあるお祝い花は道行く人がもって帰るそうです。


通販でもバルーンが多い

そこで注目されたのが、プリザーブドフラワーです。重さも水を含ませなくていいので非常に軽いうえ、お花の見た目を変えずに、長持ちするお花なので、持ち帰りやすい、みんなで分けやすいというメリットがあります。また風船を使ってアレンジをするので、イベントのカラーなどがあれば、そのカラーを前面に出すことができます。雰囲気も華やかで、通販などでも扱っているそうです。