プリザーブドフラワーショップの通販

プリザーブドフラワーが欠けたらアレンジで対応

プリザーブドフラワーをプレゼントとして送ったり、自分の部屋に飾るために購入したりする人が増加していると言われています。プリザーブドフラワーは、通販などでも気軽に購入できるのですが、傷んでしまったときはどうしていますか?


プリザーブドフラワーは傷んだら自分でアレンジ

プリザーブドフラワーは枯れないという代名詞がありますが、ずっと枯れないというわけではありません。生花を加工したお花なので、花弁が傷むことはあります。乾燥で花弁が割れてしまう、湿気で色移りを起こしてしまうなどの痛みがあるそうです。他にも、花弁が透けてきてしまうということもあるそうですが、は弁が割ける程度であれば、花弁を切って、目立たないようにするだけでもだいぶ違うそうです。


色移りしたお花は早めに抜いてしまおう

色移りしたものをそのままにすると、他のお花にも影響が出てしまうことがあります。そのため、早めにそのお花だけを抜いてしまいましょう。他のお花が傷つかないようにそっと抜き、空いた部分には自分の好きなオーナメントなどの飾りをさすことでアレンジメントがさみしくなることもありません。時間が経ったら、自分の好きな色や形に手を加えて楽しむことができるのが、プリザーブドフラワーのアレンジメントの大きなメリットです。



Comments are closed.